フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

■ ぐんま百名山リスト

ぐ ん ま 百 名 山 一 覧

群馬県が21世紀の文化づくり事業の一環として、平成13年度から県民参加により進めてきた「ぐんま百名山」は、平成15年度に100山すべての選定作業を完了しました。

自分も確か「赤城山」「朝日岳」「笠が岳(谷川)」で投票しました!

家から見える山も多く含まれていたり、「丘」のような里山まで含まれています。トレランのトレーニングコースとしても使えるようなところが多い気がするので、少しリストを意識して近場から登ってみたいと思います。

2010年は少し本気で低山から登り・トレラン練習に出かけています。

-----

★は未踏で多少気合が必要なものが残ってきた=作戦を練っている山々

山の名がオレンジ色か青の山名はすでに登った山。

2009年以降のみブログ記事としてリンクはってあるのでオレンジ色になります

<H25.7.16更新 96座まできた!>

  山  名 標高 地  域
1 赤城山 1828m 前橋市・渋川市・沼田市
2 赤久縄山 (あかぐなやま) 1522m 藤岡市・神流町
3 朝日岳2012馬蹄縦走 1945m みなかみ町
4 浅間隠山 (あさまかくし) 1757m 長野原町・東吾妻町・高崎市
5 浅間山 2568m 嬬恋村・長野県
6 四阿山 (あずまやさん) 2354m 嬬恋村・長野県
7 吾妻耶山 (あづまやさん) 1323m みなかみ町
8 吾妻山 (あづまやま) 481m 桐生市
9 阿能川岳 (あのうがわ) 1611m みなかみ町
10 荒船山 (あらふねやま) 1423m 下仁田町・南牧村・長野県
11 有笠山 (ありかさやま) 888m 中之条町
12 稲包山 (いなつつみ) 1598m 中之条町・みなかみ・新潟
13 稲含山 (いなふくみ) 1370m 甘楽町・下仁田町
14 岩櫃山 (いわびつ) 803m 吾妻町
15 牛伏山 (うしぶせ) 491m 高崎市
16 エビ山 1744m 六合村
17 烏帽子岳 (えぼし) 1182m 南牧村・上野村
18 王城山 (おうじょう) 1123m 長野原町
19 大桁山 (おおげた) 836m 富岡市・下仁田町
20 大水上山 (おおみなかみ)★ 1840m みなかみ町・新潟県
21 大峰山 1255m みなかみ町
22 小沢岳 (おざわだけ) 1089m 下仁田町・南牧村
23 小野子山 (おのこやま) 1208m 渋川市
24 御飯岳 (おめしだけ) 2160m 嬬恋村・長野県
25 篭ノ登山 (かごのと) 2227m 嬬恋村・長野県
26 笠ヶ岳 (尾瀬) 2058m 片品村・みなかみ町
27 笠ヶ岳 (谷川)馬蹄縦走 1852m みなかみ町
28 笠丸山 1189m 上野村
29 迦葉山 (かしょうざん) 1322m 沼田市
30 鹿岳 (かなたけ) 1015m 下仁田町・南牧村
31 金山 (かなやま) 236m 太田市
32 鹿俣山 (かのまたやま) 1637m みなかみ町・沼田町
33 観音山  その2(花見) 227m 高崎市
34 鬼怒沼山 (きぬぬまやま) 2141m 片品村・栃木県
35 草津白根山2012 2171m 嬬恋村・草津町
36 栗生山 (くりゅうさん) 968m 桐生市
37 黒滝山 870m 南牧村
38 黒斑山 (くろふやま) 真冬 2414m 嬬恋村・長野県
39 景鶴山 (けいづるやま)★ 2004m 片品村・新潟県
40 袈裟丸山 (けさまる) 1878m 桐生市・栃木県
41 庚申山 (こうしんやま) 189m 藤岡市
42 荒神山 (こうじんやま) 624m 桐生市
43 鉱石山 (こうせきやま) 1205m 川場村
44 子持山 (こもちやま) 1296m 沼田市・渋川市
45 金精山 (こんせいざん) 2244m 片品村・栃木県
46 桜山 その2(冬桜) 591m 藤岡市
47 皿伏山 (さらぶせやま) 1917m 片品村
48 茂倉岳 (しげくらだけ) 1978m みなかみ町・新潟県
49 至仏山 (しぶつさん) 2228m 片品村・みなかみ町
50 蛇骨岳 (じゃこつだけ) 2366m 嬬恋村
  山  名 標高 地  域
51 十二ヶ岳 1201m 渋川市
52 白毛門 (しらがもん) 1720m みなかみ町
53 白砂山 (しらすなやま) 2140m 六合村・長野県・新潟県
54 四郎岳 2156m 片品村
55 皇海山 (すかいさん) 2144m 利根村・栃木県
56 錫ヶ岳 (すずがたけ)★ 2388m 片品村・栃木県
57 諏訪山 (上野村) 1549m 上野村
58 諏訪山 (神流町) 1207m 神流町・埼玉県
59 石尊山 (せきそんさん) 571m 安中市・高崎市
60 仙ノ倉山 (せんのくら) 2026m みなかみ町・新潟県
61 崇台山 (そうだいさん) 299m 富岡市・安中市
62 大源太山 (だいげんた) 1764m みなかみ町
63 平標山 (たいらっぴょう) 1984m みなかみ町・新潟県
64 高岩 (たかいわ) 1084m 安中市
65 高間山 (たかまやま) 1342m 東吾妻町・六合村
66 嵩山 (たけやま) 789m 中之条町
67 立岩 (たついわ) 1265m 南牧村
68 谷川岳  双耳峰 1963m みなかみ町・新潟県
69 丹後山 (たんごやま)★ 1809m みなかみ町・新潟県
70 茶臼山 (ちゃうすやま) 294m 桐生市
71 角落山 (つのおちやま) 1393m 高崎市
72 父不見山 (ててみえじ) 1047m 神流町・埼玉県
73 天狗岩(てんぐいわ) 1234m 上野村
74 お天狗山 (おてんぐやま) 667m 甘楽町
75 天丸山 1506m 上野村
76 戸神山 772m 沼田市
77 鳴神山 (なるかみやま) 980m 桐生市
78 日暮山 (にっくらやま) 1207m 下仁田町
79 日光白根山錫ケ岳縦走 2578m 片品村・栃木県
80 根本山 (ねもとさん) 1199m 桐生市
81 八間山 (はちけんざん) 1935m 六合村
82 鼻曲山 (はなまがり) 1655m 高崎市・長野県
83 榛名山  全山縦走記 1449m 高崎市・東吾妻町
84 桧沢岳 (ひさわだけ) 1133m 南牧村
85 平ヶ岳 (ひらがたけ)★ 2141m みなかみ町・新潟県
86 武能岳 (ぶのうだけ) 1760m みなかみ町・新潟県
87 武尊山 (ほたかさん)・2012 2158m みなかみ町・川場村・片品村
88 巻機山 (まきはたやま) 1967m みなかみ町・新潟県
89 万太郎山 (まんたろう) 1954m みなかみ町・新潟県
90 御荷鉾山 (みかぼやま) 1286m 藤岡市・神流町
91 三国山 1636m みなかみ町・新潟県
92 三峰山 (みつみねやま) 1123m 沼田市・みなかみ町
93 御堂山 (みどうやま) 878m 下仁田町
94 妙義山 (みょうぎさん) 1104m 安中市・富岡市・下仁田町
95 物語山 1019m 下仁田町
96 物見山 (ものみやま) 1375m 下仁田町・長野県
97 温泉ヶ岳 (ゆせんがたけ) 2333m 片品村・栃木県
98 湯ノ丸山 (ゆのまる) 2101m 嬬恋村・長野県
99 横手山(よこてやま) 2305m 六合村・長野県
100 四ッ又山 (よつまた) 900m 下仁田町・南牧村

----

以下、うんちく・・・

<群馬県ホームページより>

群馬県が21世紀の文化づくり事業の一環として、平成13年度から県民の皆様の参加により進めてきた「ぐんま百名山」は、平成15年度に100山すべての選定作業を完了しました。3年間で県内外の方々6,528人から御推薦いただいた山は、延べ15,264件にも上りました。

100山の選定にあたっては、次の観点に配慮しました。

認知度、地域のバランス性、住民との関わり合いなど総合的な観点から判断しました。

  • 複数の峰をもつ山については、全体を総称する山で選定し、個々の峰は対象外としました。
      赤城山 草津白根山 榛名山 妙義山 など
  • 丘陵地であったり標高が高くなくても、地域の人々から親しまれている身近な山は選定対象としました。
      金山 観音山 庚申山 桜山 戸神山 など
  • 信仰の対象として、あるいは古跡や伝説を有するなど、私たちの暮らしや産業に密接に関わってきた山を選定対象としました。
       笠丸山 迦葉山 鉱石山 子持山 物語山 温泉ヶ岳 など
  • 地元の人々が自らの手で整備し、大切にしている山を選定しました。
       荒神山 茶臼山 など
  • 県内外から登山客が訪れるなど、広く親しまれている山や本県を象徴する山を選定しました。
       赤城山 草津白根山 谷川岳 日光白根山 榛名山 妙義山 など
  • 登山禁止や登山道がない、あるいははっきりしない、難路であるなどの理由により人々を容易に近付けない山も、その姿や豊かな自然に着目して選定の対象にしました。
      浅間山 阿能川岳 御飯岳 景鶴山 四郎岳 高間山 日暮山 など

 この「ぐんま百名山」の選定が、群馬の豊かな自然や文化を次代へ継承していくために、私たちに何が出来るかを再確認するための契機になればと考えています。

-----------------------------------------------------------

ブログ記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)