フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 遠足の申込み 即日終了! | トップページ | 久しぶりの黒檜山・駒ヶ岳 »

2015年2月18日 (水曜日)

朝日新聞 トレラン報道

とある平日昼のネットサーフィンにて・・・2月16日(月)のYahooニュースのトップ記事で

 

「トレラン人気登山道はNGに」   Yahoo記事はこちら(リンク切れ?)
 
の見出しが躍る。その日(時間帯)のトップ5記事のひとつだから結構目立って当然クリックして確認してみる。
 
---------------asahi.comより転載失礼---------------
 
自然の山道を駆けるトレイルランニングの大会が、混雑する人気の登山道では事実上できなくなる。                  
登山者との摩擦が問題になっていることについて環境省は15日、来年度から導入する国立公園内のガイドラインを発表。「大会参加者は歩行者を優先すること」と明記し、国定公園や自然公園を管理する自治体にも対応を求めていくことになった。
 
トレイルランニングは山や丘陵地の未舗装路を走るスポーツで、日本能率協会総合研究所によると愛好者は20万人。環境省によると国立公園内の大会だけで年間50を超える。
 
自治体が地域おこしのために大会を開く例も少なくないが、すれ違いや追い越しが危険だと主張する登山者からの反発も強い。
神奈川県鎌倉市では昨年、トレイルランニング全面禁止を求める陳情が採択され、同市内での大会開催が自粛されている。
 
ガイドラインは、周辺の動植物や歩道への影響調査や原状回復、自然条件にあった参加人数の制限なども求める。
環境省側は「今まで国立公園の登山道はランナーを想定していなかった。関係者の合意形成が大切。今後はランニングコースも整備したい」と説明している。
 
--------------------転載終わり---------------------
 
自分は環境省のサイトも資料も見ていないのでよくわからないけれど、もともと競争主義がない自己満足型のランナーなので、何が何でもそこを大会で走りたいとは思わない。
 
高山植物や自然なトレイルを大切にする気持ちは大切、それを意図して荒らしてはよくないし、絶景や貴重な自然は、大会でなくて登山でも練習でも、単独や少数で行けばそれだけで満足するような・・・と思う面もある。
 
 
記事にある「鎌倉の件」は、以前に出た三浦半島トレイルで同じように多数のハイカーと遭遇して似た経験をしたので、あの辺の集団大会には(自分としては)あまり目が向かない。
 
【参考】 三浦半島縦断トレイル大会 2011.2.19
 
 
ところで、最近この手の話題が多くなった。TBSの「噂の東京マガジン」の映像は自分も実際に見たが、明らかに「トレラン否定ありき」?
 
「困ったですね」「危ない危ない」という芸能人お決まりの反応には興ざめ。(森本毅郎氏は毎朝ラジオ愛聴しているのだけど)
 
 
Aaa
 
 
いずれにしても、朝日新聞の報道をうけてプロランナーの方やアドベンチャーな人たちも続々と見解を出しているし、トレイルランニング界の組織化で発言権を深める方向性?らしい。
 
自分は何をするわけではないけれど、参加大会くらいは見極めていろんな意味で質の高い有意義な大会に絞ってエントリーしましょう、そうしましょう。
 

« 遠足の申込み 即日終了! | トップページ | 久しぶりの黒檜山・駒ヶ岳 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠足の申込み 即日終了! | トップページ | 久しぶりの黒檜山・駒ヶ岳 »