フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 下仁田駅伝にチーム参戦! | トップページ | あゝ勝田全国マラソン »

2015年1月19日 (月曜日)

久しぶりの稲含山

久しぶりの雪山歩き、昨日に続いて下仁田町に向かい、ぐんま百名山「稲含山」へ。

 
山頂から360度展望がきれいで、秋・冬・春にもかなり楽しめる里山、通算6度目くらいになる。
【参考】 静かな名山 稲含山 2012.2.5  驚きの参加賞 甘楽町  2014.4.22
 
この日は甘楽町秋畑あたりから路上に雪が残り、斜面の雪道も心配なので、無難に「那須大橋」駐車で車道5kmくらいは歩くことにする。
 
10933987_577954312349461_2823617488
 
温かい気候、車道から眺める稲含山、ロウバイの花とか眺めながら歩く。きれい。
 
Cimg8445Cimg8447
 
林道途中からは積雪量増える。神の池公園から上の山中はアイゼンかワカンが必要か。
 
Cimg8461
 
下仁田側から歩いてきた男性と会って情報交換。平日で誰にも会わなそうな感じだったので先方もホッとした様子だった。その後山頂で再度合流。
 
Cimg8467Cimg8469
 
急登を進んで30分足らずで山頂につく。神の水・沢・稲含神社コースよりこっちのコースは簡単に登れることを改めて思う。
 
Cimg8473Cimg8475
Cimg8479
 
遠景は霞んでいたけど、上毛三山・神流の山・荒船・浅間とかきれいで熱血おじさんも稲含は初登頂、喜ぶ。
 
Cimg8505
 
 
荒船方面と高崎・前橋方面(やや霞む)
 
Cimg8492Cimg8494
 
西上州・御荷鉾・赤久縄山方面・・・稲含山から白髪岩に続く稜線を眺める(現在は立ち入り不可?)
 
Cimg8486Cimg8489
 
帰路の稲含神社ルートは谷間で雪深くて踏み跡は鹿・カモシカ・小動物ばかりで人の足跡はなし。夏道をよく確認して下る。
 
Cimg8519Cimg8531
 
車道途中から、右手の谷に下り、作業道や山奥の集落脇を通って鯉のぼりロープの下に出るコースがある。 
 
那須大橋近くの林道に出て、スベル車道を気を付けて歩いて終わり。正味4時間の雪歩きだった。
 
Cimg8543Cimg8545
 
 
<所要時間>
 
那須大橋9:30→神の池公園10:30~40→赤鳥居11:00→稲含山頂11:35~12:00→稲含神社12:20→神の池公園12:40→作業道コース13:00→那須大橋13:25
 
<おまけ>
 
①帰りに寄った道の駅甘楽?小幡?…妙に小奇麗に改装されていて世界遺産効果に沸く感じ。ごちそうさまでした。
 
②車の場合、傾斜・雪道運転が結構難儀。神の池公園まではいけないと考えた方が良く、早めに路肩スペースに駐車がベストか?
 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

« 下仁田駅伝にチーム参戦! | トップページ | あゝ勝田全国マラソン »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下仁田駅伝にチーム参戦! | トップページ | あゝ勝田全国マラソン »