フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« あゝ館山若潮マラソン | トップページ | 第59回桐生堀マラソン »

2013年1月31日 (木曜日)

雪の駒ケ岳~黒檜山

例のごとく記録に時間がかかってしまい・・・1月31日(水)の山行備忘confident

---

平日休みで、朝起きて窓から外を眺めたら、西に浅間山、北には谷川連峰も赤城山も見事な雪景色できれいだった・・・ニヤリ

【参考】

冬場は空気が澄んで綺麗 → こんな感じ 「双耳峰谷川岳」 2011.2.3

Keshiki20110103_066
     

幸い、今日も風もほとんどなく、天気予報でもポカポカ陽気の予報 sun

で、相方を職場まで送っていくふりをして・・・そのまま心のふるさと赤城山に直行。

麓の鍋割~荒山あたりでも十分だったけど、大沼の結氷の様子も気になり、積雪多い黒檜を激しく登ってみようという気になって、9時半前に湖畔の「おのこ駐車場」に到着。

Cimg7784Cimg7785

赤城神社側から黒檜山を目指すのが一般的だけど、今回は数年ぶりに逆ルート、駒ケ岳から黒檜を目指してみる。雪は大丈夫か?snow

登山口には数名のトレースあり。

Cimg7787Cimg7790

ジグザグ道もそれほど積雪はなくて、むしろ解けた雪が凍って滑る程度。

鉄の梯子階段を2箇所超えて稜線に出る。覚満淵・小地蔵の向こうに富士山も見えてきた fuji

Cimg7791Cimg7795
Cimg7802Cimg7800

稜線に出ると結構雪もふきだまり、ここで先行のハイカーから道を譲ってもらい先頭に立つ。トレースなく、膝上~股下までの雪で苦笑・・・sweat01

Cimg7806Cimg7812
Cimg7813

駒ケ岳で小休止し、道を探しながら鞍部を目指す。去年の同日は強風でやられたこの辺も、今回はポカポカ陽気なので心配なし。

【去年】 ラッセル気分で行く赤城山 2012.1.31 

Cimg7821Cimg7833

振り返ると自分だけの足跡、そしてその先に富士山!これだから冬季のハイキングはたまらない happy02

Cimg7824

黒檜に向けての斜面は積雪多くて難儀、クマザサの上に雪がついていてなかなか前に進めずで、ラッセル+ハイハイの繰り返しで心が折れる・・・

Cimg7828Cimg7835Cimg7854Cimg7853

踏ん張って登って稜線に出る。花見が原方面への分岐点。

このあたりまではトレースがなかったが、祠まで進むと、山頂からのハイカーと合流、分岐点・山頂で数名のハイカーと出会う riceball

Cimg7857Cimg7861Cimg7864Cimg7887

北の展望ポイントから望む山々の絶景・・・上州武尊山eye

Cimg7869

尾瀬至仏山と燧ヶ岳eye

Cimg7883

浅間山・四阿山・白砂山・苗場山あたりeye

Cimg7878

持参した飲料も食料も山中一度も摂らず、そのまま復路、黒檜山頂から大沼へ一気に下る run

雪道の下りは楽しく、いいトレーニングになるので、時計をセットしてタイムを計測してみる。

Cimg7885Cimg7889Cimg7890_2Cimg7894

立ち止まって大沼・地蔵岳・富士山を眺める fuji

Cimg7892

尻で滑ったり激しく前転したりしながら雪道を楽しんで19分で下山。夏の岩場に比べると登山道も縦横無尽に楽しめて自由度が増す。野生の本能にかえるというか。

Cimg7897Cimg7902

下山後は神社脇の車道をてくてく歩いて、結氷の大沼の散策してワカサギ釣りの様子を眺める。(※残念ながら、ワカサギは持ち帰りできない)

正午過ぎ、3時間ちょっとで充実した雪上ハイキングを終える、万歳!

Cimg7905Cimg7913
Cimg7918Cimg7914

<所要時間> 雪道を所々強行なのであまり参考にならずデス

おのこ駐車場・駒ケ岳登山口9:45→駒ケ岳10:35→黒檜山頂11:40~55→黒檜登山口12:15

<コース図>

<おまけ>

①自分は氷上ワカサギ釣り(穴釣り)を始めたのが2002年の冬で、登山を本格的に始めたのは翌年の2003年の夏だった気がする。

【参考】 ワカサギ+雪上練習全盛の頃 ※いわゆる、震災前

週1ペースでワカサギに通っていた頃はまさか真冬の黒檜に登ることなど考えてもみなかったけど、今は生活逆転、雪山ハイキングが中心でこれはこれでよし。

②翻って、赤城山の氷上ワカサギ釣り問題は放射能問題で大打撃深刻。ワカサギに限らず、観光全体が大きな痛手を被っている現状・・・なんとかならないものか。

放射能関連の在京マスコミ取材が今冬もあったらしいが、風評被害の方が懸念されて断るようにしている(らしい)。

③毎度お世話になっている土産物屋名月館さんほか、赤城山大沼周辺では、今季からスノーシューレンタルを開始している。

3時間1000円というので、お試し利用にはとても手頃で、ある程度の登山経験者なら小沼周辺の長七郎山何かをスノーシューで歩くのも充分楽しめる感じ。

妙高や黒斑、玉原や水上、日光や戦場ヶ原といった本格スポットでなく、手軽にスノーシューで遊べる山として、赤城山面白いかもしれない。

※ガイドつかない場合は完全に自己責任で・・・楽しいけど危険もある

Cimg7919

④真冬の赤城山、雪崩や滑落とか大きな危険は少ないとは思うけど、天候によってはマイナス20度くらい冷え込むので、要は天気次第ということで、万全の対策で望んだほうが無難。(最近、真冬の黒檜山のネット情報も多いけれど、最後は自己責任)。

⑤冬の赤城は運転もスリルある。特に上り坂を終えて新坂峠・見晴台下から最終、74番カーブあたりになると気も緩んで突っ込みそうになる rvcar

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

« あゝ館山若潮マラソン | トップページ | 第59回桐生堀マラソン »

素晴らしき赤城山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あゝ館山若潮マラソン | トップページ | 第59回桐生堀マラソン »